岡山中古住宅センター

不動産ブログ

ブログ一覧

悲報 太陽光発電買取り38円に値下げ

悲報です。太陽光買い取りが38円に。1割下がります。

理由は太陽光発電の設備システム単価が下がってるからとのこと。

しかし、あいかわらず我々一般ユーザーには高い太陽光発電や蓄電池。

脱原発を掲げ、日本震災から二年たった今日にこの買い取り値下げ報道。

この1割で値下げが終わればいいですが、さらなる買い取り値下げがあったら、なかなか採算があわなくなってしまう。

発電設備や蓄電池もずっと稼働するわけでなく、何年かしたら不具合や交換ということもありますから。

以下、記事の抜粋です

経済産業省は11日、2012年度に1キロワット時42円としている太陽光発電の買い取り価格を13年度は家庭用の10キロワット未満を対象に、消費税込みで1キロワット時38円に引き下げる方針を固めた。

事業者用の10キロワット以上は37.8円と家庭用よりも低くするする方向だ。風力や地熱発電は導入データが少ないため据え置く。11日午後の委員会で案を提示する。

 有識者からなる調達価格等算定委員会(委員長は植田和弘京都大学教授)の案をもとにパブリックコメントを踏まえて、3月中に茂木敏充経産相が価格を正式に決定する。

 固定価格買い取り制度は太陽光や風力など5種類のエネルギーで発電した電気を、一定期間国が決めた固定価格で電力会社が買う。買い取り価格は施設の設置費用や、発電業者の利益をもとに決める。買い取りの原資は電気料金と合わせて家庭や企業が負担する。電力会社は買い取りにかかった費用を電気料金に上乗せし、一般の電気利用者から回収できる

日経新聞3月12日紙面を参考にさせていただきました。http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1100B_R10C13A3000000/

更新日時 : 2013年03月12日 | この記事へのリンク : 

<<【コラム】住宅ローン金利はいつ上がるのか     |  ブログ トップへ  |  ミサワホームの中古住宅>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年01月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)